塗装の基礎知識

外壁や屋根はお家を守ってくれています!

外壁や屋根を塗装メンテナンスしてお家の耐久性を維持できると聞くと、多くの方が「本当にそうなの?」と疑問に思われる事と思います。外壁や屋根を塗装したと聞くと、「ずいぶん古いお家」、「修理・修繕の必要な家」とイメージしてしまう方も多くおられますが実は違います。どんなお家にも外壁塗装・屋根塗装は必要な状況になってきているのです。 その要因として、北名古屋市でもそうですが毎年の記録的な猛暑、年々大きくなっていく台風、さらにゲリラ豪雨、北名古屋市でも見られる積雪などにより、お家への負担が増えてきているのです。お分かりかと思いますが、人間にとっても、お家にとってもより過酷な環境になっているのは間違いありません。 そこでこのページではお家を守ってくれる外壁塗装や屋根塗装の基礎知識をご提供します!最後までお読みいただけますと幸いです。

失敗しない外壁塗装をする
3つのチェックポイント

ポイント01お家の塗装する場所を知る!

塗装する場所を知る ぜひ塗装する箇所を知ってください!

付帯部分までしっかりと塗装を行いましょう!

お家の塗装リフォームといっても、一口に外壁塗装、屋根塗装だけではありません。 上記のように、軒天、破風板、面格子、霧除け、門柱、門扉、雨戸、戸袋、笠木、雨樋、鼻隠しといった部位もあります。 これを多くの会社では総称して「付帯部分」と言っています。この付帯部分を塗装をすることで劣化を防ぐことができます。せっかく外壁塗装や屋根塗装を塗り替えても、この付帯部分が塗装されていないと、色あせが目立ち、古いお家の印象となるため、この付帯塗装は行うことをおススメします。

ポイント02お家のメンテナンス時期を知る!

お家のメンテナンス時期を知る

適切なタイミングで外壁塗装や屋根塗装を行いましょう!

それではどのタイミングでお家の外壁塗装や屋根塗装をするべきなのでしょうか?これは北名古屋市の塗装専門店ツジ建装に寄せられる大変多いご質問です。 多くのお家の場合、上記のような現象が起きます。雨漏りするとお家の天井やクロスに雨跡がつくので分かるでしょうが、そのほかのシーリングのやせ、コケや藻がついている、外壁塗装がひび割れしている、外壁塗装や屋根塗装が色あせしている、塗装がはがれてきているといった現象面については注視しないと中々気が付きにくいものです。 特にこの現象については、即塗装が必要なものと、まだ塗装をしなくても良いものがあり判断に迷う事が多いのが事実です。

住まいの劣化度チェック

外壁劣化度チェック
  • クラック

    チョーキング

  • 目地のヒビ割れ

    目地のヒビ割れ

    ★★
  • クラック

    クラック

    ★★★
  • 塗膜の剥離

    塗膜の剥離

    ★★★
  • 鉄部のサビ

    鉄部のサビ

    ★★★
  • 天井から漏水している

    天井から漏水している

    ★★★
  • 藻やカビの発生

    藻やカビの発生

    ★★
  • 屋根材のヒビ割れ

    屋根材のヒビ割れ

    ★★★

早め早めの対処でお家を長持ちさせましょう

そこで私たちツジ建装では上記の表を使って、お客様にアドバイスをしています。 外壁劣化度チェック表と言い、星マークが多いほど即塗装が必要なものとなっています。一見すると、外壁塗装についているカビや苔、藻はそこまで大した事がないように思えますが、実は早急に塗装をした方が良い部類になるので注意が必要です。 多くの方はご存じないのですが、外壁についたコケや藻は外壁塗装の塗膜を劣化させることはもちろん、外壁材の中にも侵入し、その内部でも繁殖を繰り返していくため、一度出始めてきたら早めに根こそぎ除去する必要があるのです。そして、除去が終わったら塗装をしてカビや苔、藻が繁殖しないようにガードしてあげる必要があるのです。 このように一見、メンテナンス必要のなさそうな現象でも放置すれば大変なことになりますので、早め早めの対処がお家を長持ちさせることにつながるのです。

ポイント03地元北名古屋市で
創業年数の長い塗装会社を選ぶ!

地元北名古屋市で創業年数の長い塗装会社を選ぶ!

お家の塗装をする必要は上記で分かった事と思います。次に北名古屋市で塗装をご検討されている悩みや質問で多いのが、「塗装会社の選び方」です。それではなぜ悩むのでしょうか?

多くは「きちんと塗装してくれるのか分からないから不安」、「以前外壁塗装でだまされた、外壁塗装で失敗した(聞いたことがある)」、「既に外壁塗装した会社がない(倒産した)」という事実があるからです。

それでは何を基準に北名古屋市で外壁塗装や屋根塗装をしたら良いのでしょうか? 答えは「地元北名古屋市で創業年数が長い塗装している会社を選ぶ」です。

なぜかと言いますと、名古屋などの遠方から足を運ぶ塗装会社は地元で仕事がないから、時間やガソリン代や高速代を使ってまで、北名古屋市まで仕事を取りにくるのです。要するに地元での仕事がない事や、お客様からのリピートがないため、地元から離れたところで仕事をするしかないのです。焼畑農業と一緒ですね。だから地元愛知県北名古屋市で長く事業を行っている会社を選ぶ事が一番良い選択なのです。

注目すべきは「会社の生存率」。
地元で長く続けている会社に頼みましょう!

また、国税庁が出している「会社の生存率」というデータがあります。基本的に会社となった場合には、法務局へ「会社設立届け」を提出しますので、それが受け取られて初めて「会社組織」となります。会社は破産手続きをしない限り倒産することはできないので、設立してから倒産までのデータは国の機関が把握しているという事になります。

表は横にスクロールできます

※出典:国税庁 データベースを加工して作成
項目名 存続率 100社あったら何社残る? 1000社あったら何社残る?
5年 14.8% 約14社 約148社
10年 6.3% 約6社 約63社
20年 0.4% ほぼ0社 約4社
30年 0.021% ほぼ0社 ほぼ0社

そこで上表は新しい会社組織が設立されてから5年~30年後の存続率を表した国税庁のデータを加工したものですが、10年で94%の企業がいなくなるという事は、個人で行っている小さな塗装会社に頼むとほぼその会社はなくなるという事です。さらに設立から20年でほぼ0となります。30年では皆無という事です。 1000社の企業が設立されても30年後にはほぼ1社も残っていないという事を表しています。

その位、現在の環境では会社が生き残ることは難しいのです。塗装会社もまた然りです。だから地元で商売しているのではなく、遠方まで足を運んでまで塗装仕事を取っているのです。

だからこそ地元商圏で30年以上、商売を長く続けている会社に頼む方が結果として良いという事となります。どんなに10年保証、20年保証といっても、保証を出している塗装会社が倒産したら何も残らないので、会社の歴史というのは重視された方が良いかと思います。

わからないことやご不明点は
お気軽にご相談ください!

外壁塗装専門スタッフが
お客様のお悩みや不安を
解消いたします

そこで私たちツジ建装では上記の表を使って、お客様にアドバイスをしています。 外壁劣化度チェック表と言い、星マークが多いほど即塗装が必要なものとなっています。一見すると、外壁塗装についているカビや苔、藻はそこまで大した事がないように思えますが、実は早急に塗装をした方が良い部類になるので注意が必要です。 多くの方はご存じないのですが、外壁についたコケや藻は外壁塗装の塗膜を劣化させることはもちろん、外壁材の中にも侵入し、その内部でも繁殖を繰り返していくため、一度出始めてきたら早めに根こそぎ除去する必要があるのです。 そして、除去が終わったら塗装をしてカビや苔、藻が繁殖しないようにガードしてあげる必要があるのです。 このように一見、メンテナンス必要のなさそうな現象でも放置すれば大変なことになりますので、早め早めの対処がお家を長持ちさせることにつながるのです。

代表 辻 公紀
電話する 電話する
来店予約 来店予約
お問い合わせ お問い合わせ